福岡のDENマウスピース矯正専門クリニック、医療法人歯生会博多矯正歯科

DENマウスピース矯正専門クリニック、医療法人歯生会博多矯正歯科
お問い合わせ・ご相談
写真で無料相談

矯正治療はなぜ長期間かかるのか?〜歯が動くしくみ〜

「矯正治療はなぜ長い時間がかかるのか?」「頑丈な歯が、どうやって動いていくのか?」
疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。

今回は、矯正治療における「歯が動くしくみ」についてご紹介したいと思います。

歯の矯正治療は私達の身体が元々持っている「骨の代謝機能」を利用して行います。
人の骨は、日々「骨代謝」を繰り返しながら身体を支えています。

骨は、一定以上の圧力がかかると「吸収」という現象を起こして骨を溶かし、圧力を軽減しようとします。また、スペースの空いたところでは、骨が新しく作られてスペースを埋める働きを持っています。
歯列矯正は、この骨代謝を利用して歯を動かしていくのです。

矯正装置で歯に継続的に弱い力をかけ続けることで、歯は徐々に動きます。
歯が動くスピードは1ヶ月に約0.3mm程度で、強い力を加えたからといって、その分早く動くというわけではありません。
力をかけ過ぎると、歯の周囲の血管が圧迫されて正常な代謝が行えず、歯が動かなくなったり、場合によっては歯根や周囲の骨に大きなダメージを与えてしまいます。
歯や周囲の組織に負担をかけずに、患者様の身体が持つ自然のペースに合わせて治療をするため、歯並びが揃い、良い噛み合わせになるまで、平均して約2〜3年くらいの期間がかかるのです。

時間はかかりますが、身体が元々持っている機能をうまく利用するので、歯に負担をかけずに治療をすることができます。

歯が動くしくみ

①歯は「歯根膜」と「歯槽骨(顎の骨)」に支えられています。
「歯根膜」は、繊維状の組織で出来ており、物を噛んだ時の力を分散させるクッションの働きをしています。

また、「歯根膜」には神経や血管が通っていて、歯根に栄養を与えたり、物を噛んだ時の感触を脳へ伝える働きもしています。

②矯正治療によって歯に弱い力を加えると、片側の歯根膜は伸び、反対側の歯根膜は圧縮されます。そうすると、歯槽骨の表面に変化が起こります。

③歯根膜の繊維は、一定の幅を維持しようとする特徴があるため、矯正によって圧力をかけると、歯根膜が縮んだ部分では破骨細胞が周囲の骨を吸収していきます。(骨吸収)
反対に、歯根膜が伸びた部分では、骨芽細胞が骨を増やして歯根膜の幅を一定に保ちます。(骨形成)

④骨吸収と骨形成を繰り返して少しずつ歯は動いていきます。矯正治療はこの作用を活かしたもので、歯に矯正力をかけることにより、部分的に変化を与えて骨の代謝機能を利用し、徐々に歯槽骨の中の歯を移動させます。

今回は、「矯正治療がなぜ時間がかかるのか」歯が動く仕組みと併せてご紹介いたしました。

適切な力で組織変化を起こして歯を動かしていくことが望ましく、緩やかな力を加えることで骨の代謝を促すため、歯の矯正治療には時間がかかるのです。

「早く綺麗な歯並びになりたい!」という想いはみなさま共通のお気持ちかと思いますが、身体に負担をかけないためにも、じっくりコツコツと矯正治療を行う事が大切なんですね。

お電話でも、Webフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】10:00~18:30(日曜は17:30まで)

お電話でのお問い合わせ
Webフォームでのお問い合わせ
写真で無料相談